ペットは大切な家族。犬のために選ぶペット保険。

ペット保険とはどのようなもの?

ペットフードの良質化や予防接種の一般化などで、多くのペットはその寿命を大きく伸ばすことができるようになりました。同時に高齢化したペットは健康維持のためにも医療的な措置が必要です。しかし、ペットの医療費は自己負担なのでとても高いのが実情です。愛情をもったペットにお金の心配なく健康でいてもらいたい、そんな飼い主の声に応えるようにペット保険は誕生しました。しかし、ペット保険はなんでもよいというわけではありません。選ぶ際には飼われているペットがどのような病気にかかりやすいかを知っておく必要があります。

犬のかかりやすい病気

先天的な機能障害やウイルス性の病気で腎臓を悪くすることが犬にはよくあります。特にオスの犬は尿道結石などの症状で現れることがあります。ポメラニアンやマルチーズといった小型犬に症状が現れやすく、老犬になってくるに従い増えてくるのが心臓疾患です。朝や晩などの気温の変化が大きくなる時間帯に、風邪のような咳が初期症状として現れます。また犬はがんにかかりやすい動物です。食べ物の添加物やタバコ、排気ガスといった影響にも強くありません。特ににゴールデンレトリーバーやラブラドール、パグといった犬種はガンになりやすいことで知られています。

犬を飼っている方のペット保険の選び方

ペット保険を選ぶ際には、以上のようなかかりやすい病気が補償として含まれているかをチェックしておく必要があります。かかりやすい病気は犬種によっても変わってくるので、事前に獣医師やプリーダーなど、犬の病気に詳しい方に相談しておくとよいでしょう。特に歯の病気についての補償には注意が必要です。噛まれた場合や歯周病、その場合の感染症などが補償外となっている場合があるからです。歯の周辺の病気は犬に共通しているよくある病気です。補償されているかをしっかりとチェックしておきましょう。

大切なペットのケガや病気の治療費は思わぬ高額になる場合があります。そんな場合に備え、ペット保険を検討する人が増えています。