結婚指輪にこだわりたい人必見!どんなデザインがおすすめ?

婚約指輪と重ねづけできるデザインの指輪

結婚指輪をつくるときは、婚約指輪との重ねづけを意識する方法があります。結婚指輪は日常的につける機会が多いですが、婚約指輪は大事にしまっておく人も少なくないようです。また、「婚約指輪=ダイヤモンド=高価」とのイメージもあり、普段から身につけるのを遠慮する人もいるかもしれません。でも、結婚指輪と一緒につけられるデザインを意識すると、婚約指輪が活躍する機会も増えるのではないでしょうか。婚約指輪は女性にとって大切な宝物です。そのためには、婚約指輪づくりの段階から彼と話し合っておくことが大切になりますね。

夫婦で同じデザインの指輪

夫婦で同じデザインの結婚指輪をつくる人は多いですよね。指輪のサイズをはじめ、リングの内側に刻印するメッセージは異なることもありますが、それ以外はまったくお揃いのペアの指輪です。夫婦で同じデザインの指輪をつくることによって、夫婦になった意識が高まるのではないでしょうか。そのためには、お互いが好むデザインについて納得できるまで話し合うことが大切になります。結果として、女性の意見を尊重する形になるかもしれませんが、指輪を選ぶ過程を一緒に楽しみましょう。

夫婦別々のデザインの指輪

夫婦別々のデザインの結婚指輪をつくることもできます。夫婦それぞれの指輪を合わせて一つのデザインにしたり、素材から別々にしたり、いろいろな方法があるようです。男女で指輪の好みが違う場合、どのような指輪にするか平行線のままになるかもしれません。自分が好きでない指輪をはめるよりは、夫婦それぞれがお気に入りの指輪をはめたほうが満足できますよね。それに、2人の指輪を合わせると世界に一つだけの組み合わせになります。また、そんなステキな結婚指輪をはめられる喜びが大きくなるのではないでしょうか。

結婚指輪には”夫婦が結婚の誓いをたてた証”という意味があります。また、左手の薬指に指輪をしていれば既婚者だとすぐにわかるので、”自分には既に配偶者がいる”ということを知らせる印でもあります。